ISFP

【MBTI】ポール・マッカートニーの性格タイプはISFP(冒険家)?!心に残る名言も紹介!【芸能人勝手に性格診断】

はじめに

このサイトは素晴らしい性格診断テスト16Personalitiesを受けた結果から

それぞれの性格特性について、公式HPの判定結果を参照し、筆者独自の見解を加え解説するサイトで御座います。

公式サイトの英語翻訳の文章をわかりやすく解説することを目的としております為、公式様の見解とは若干異なる場合が御座います。

より詳しく知りたい方は公式HPをご参照くださいませ。

ポール・マッカートニーとは?

ポール・マッカートニー(1942年6月18日生まれ)は、英国のシンガーソングライター、ミュージシャン、作曲家、レコードおよび映画プロデューサーであり、TheBeatles(ザ・ビートルズ)のリードボーカルおよびベーシストとして世界的に有名となりました。

ねこさん
ねこさん
ジョンレノンとポールの作詞作曲、最高・・。
  • 『マッカートニー』
  • 『ラム』 – RAM(1971年)
  • 『マッカートニーII』 – McCartney II(1980年)
  • 『タッグ・オブ・ウォー』 – Tug of War(1982年)
  • 『パイプス・オブ・ピース』 – Pipes of Peace(1983年)
  • 『ヤァ!ブロード・ストリート』 – Give My Regard to Broad Street(1984)
  • 『プレス・トゥ・プレイ』 – Press to Play(1986年)
  • 『フラワーズ・イン・ザ・ダート』 – Flowers in the Dirt(1989年)
  • 『オフ・ザ・グラウンド』 – Off the Ground(1993年)
  • 『フレイミング・パイ』 – Flaming Pie(1997年)
  • 『ドライヴィング・レイン』 – Driving Rain(2001年)
  • 『裏庭の混沌と創造』 – Chaos and Creation in the Back Yard(英10/米6)
  • 『追憶の彼方に〜メモリー・オールモスト・フル』 – Memory Almost Full(2007年)
  • 『NEW』 – New(2013年)
  • 『エジプト・ステーション』 – Egypt Station(2018年)
  • 『マッカートニーIII』- McCartney III (2020年)
ねこさん
ねこさん
などなどが彼自身の代表作(アルバム)で名作多数だね!もちろんビートルズでの名作もとんでもない・・。下のU-NEXTのビートルズのドキュメンタリーもぜひ見てくれ・・最高だ・・。

↓↓↓

【ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK】を今すぐ観る!
U-NEXT無料登録で
好きな映画が無料で今すぐ観れる!

ポール・マッカートニーの性格特性とは?

ISFP(冒険家)

だと推測されます。(多々解釈はあると思います。)

カンタンに特徴をあげると、
そもそも冒険家(ISFP-A / ISFP-T)タイプの性格特性を持つひと

  •  I:内向的(ひとり時間も好き)
  • S:現実的(未来より現実・着実に)
  • F:感情的(涙もろい・感情表現ゆたか)
  • P:探索的(調べる前にまずやってみる)

の性格特性を持っています。

冒険家(ISFP-A / ISFP-T)タイプ
簡単に言うと、非常にスマートで、創造的で、洞察に満ちたタイプで、
人生の中で新しい経験、エキサイティングな可能性を見出すことが好きなタイプの人間です。

ねこさん
ねこさん
新しいモノ・コト、ワクワクすること大好き!

冒険家(ISFP-A / ISFP-T)タイプには芸術家が多かったりするのですが、美学やデザインにとどまらず、自分の選択や行動を通じて、社会的な慣習の限界を超えようとするのがこのタイプです。

冒険家(ISFP-A / ISFP-T)タイプは、美と自分の行動の実験によって予想を覆すことに喜びを見出します。

『私は常識では縛られない!』
という言葉が好きだったりします。

ねこさん
ねこさん
…好き。笑

一方で一人で黙々と考えることも好きです。
しかし、一人でいるからといって、冒険家(ISFP-A / ISFP-T)タイプがただ黙っているわけではありません。

過去や未来に思いを馳せるのではなく、自分が何者であるかを考えるのです。

その隠遁生活から戻ってくると、一皮向けたかのように変身しています。

ねこさん
ねこさん
修行期間ってやつです。笑

冒険家(ISFP-A / ISFP-T)タイプについて詳しく知りたい方はこちら!

↓↓↓

【ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK】を今すぐ観る!
U-NEXT無料登録で
好きな映画が無料で今すぐ観れる!

なぜポール・マッカートニーがISFP(冒険家)なのか

まず、“I”の要素としてポール・マッカートニー内向的であることが挙げられます。

(作詞・作曲について)私はギターやピアノに向かって、メロディーやコードの形、音楽的なフレーズ、言葉、考えなどを探します。そして、エッセイを書くように、クロスワードパズルをするように、ただ座って考えてみるのです。そして、それをいじくりまわして、その痕跡を辿ってみます。時には、それが私を盲目の路地に導くこともあるので、私は自分の足取りを辿り、別の道からやり直さなければならないのです。

ポール・マッカートニー

ポールのエネルギー・活力(原動力)は自身の内側に集中しているように見えます。

“私にとって最大のスリルの一つは、ギターやピアノを持って座って、どこからともなく曲を作ることです。”

ポール・マッカートニー

ねこさん
ねこさん
ポールは、その場で必要なことをする自発性(アドリブ)という考え方が好きに見えるね!

愛さえあれば。

ポール・マッカートニー

また外側から見える要素として、上や下のインタビューを見てみてください。ポールのボディランゲージと目はインタビューアーを直接みる時間が少なかったりしているのがわかると思います。

ねこさん
ねこさん
ポールは特に意見が分かれると思うのでここではあくまでワイの見解っていうことで。

いいかい、人にはそれぞれの意見があるし、それが君の意見と一致するとは限らない。アーティストとしては、ただひたすら頑張るしかない。

ポール・マッカートニー

人間には生まれつきの違いがあって、その違いを自由に表現できなければならないと強調します。

結局、あなたが受け取る愛はあなたが生み出す愛と同じですよ。

ポール・マッカートニー

ねこさん
ねこさん
対象をありのままに見て、情報を簡潔なアイデアに凝縮するISFPの特徴だね。

ビートルズはいつも素晴らしいバンドだったよ。それ以上でもそれ以下でもない

ポール・マッカートニー

↓↓↓

【ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK】を今すぐ観る!
U-NEXT無料登録で
好きな映画が無料で今すぐ観れる!

ISFP(冒険家)の性格特性を持つ芸能人

他にも冒険家(ISFP-A / ISFP-T)タイプの有名人は多くいます。

  • ケビン・コスナー
  • ジョングク
  • ブリトニースピアーズ
  • マイケルジャクソン
  • ジェシカアルバ
  • ジョスストーン
  • ケイト・オースティン(LOST)
  • ベアトリクス・キドー(キルビル)
  • ヒース・レジャー
  • パリスヒルトン
  • ジャン・レノ
  • ジェシカアルバ
  • スティーブンスピルバーグ
  • ジミ・ヘンドリックス
  • ブラッドピット

などの方々が同じ冒険家(ISFP-A / ISFP-T)タイプの特性を持っているとされています。

ねこさん
ねこさん
確かに、音楽や自分と向き合うことで世界に発信するアーティスティックな人が多いね!

↓↓↓

【ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK】を今すぐ観る!
U-NEXT無料登録で
好きな映画が無料で今すぐ観れる!

MBTI®の手法はThe Myers-Briggs Companyから発行されています。
MBTI®についての詳細は日本MBTI協会のホームページをご覧ください。
(R)MBTI and Myers-Briggs Type Indicator are registered trademarks of the Myers-Briggs Type Indicator Trust in the U.S. and other countries.